管理薬剤師の副業は許されるの?

管理薬剤師 > 管理薬剤師の副業について

管理薬剤師の副業について

近年の日本では不況が続いており、本業の給与だけでは生活が厳しいという人が増えています。そこで会社が終わった後や休日を利用して副業に励む人が多くなっています。以前は副業禁止という会社が多かったのですが、最近では会社側が十分な給与を払えない場合もあり、副業を容認しているところも多いのです。

薬剤師の場合は国家資格が必要とされる仕事ですから誰でもできるわけではなく、薬剤師が不足している地域ではとても重宝されています。そのため本業だけでも十分な給与を得ている人が多いのではないでしょうか。

管理薬剤師ともなれば職場での責任も重くなりますし、仕事の幅も広くなりますからやることも増えます。ですから管理薬剤師が本業の他に副業をするというのはあまりおすすめはできません。

実際には管理薬剤師が薬局をかけもちして働くことは薬事法によって禁止されているので、そもそも行うことはできないのです。やはりそれだけ重要な仕事なので、本業に集中してほしいということなのでしょう。

副業をすると収入は増えますが、その分仕事に対する集中力が分散されたり、どちらかの業務がおろそかになってしまいがちです。管理薬剤師の仕事は集中力を欠いては務まらない仕事です。また普通の薬剤師よりも仕事が多く、忙しいのが一般的ですから、そもそも副業をする余裕はないかもしれません。

もし現在の給与に不満があったり、もっと昇給したいと望むなら、転職を考えてみるのも一つの方法です。薬剤師なら好待遇も期待できますし、薬剤師が不足している地域なら他よりも高い給与で迎えてくれる可能性があります。

でも面接の時に給与について詳しく聞くことは意外に難しいので、薬剤師の転職サイトを利用するのがおすすめです。ネットで求人情報を探したり、カウンセラーに相談することもできます。今より給与が高いところで働きたいなら、そのことを告げておくと、希望に合った職場を紹介してくれるのです

管理薬剤師の勤務時間は長い?

どんな仕事でも、業務量の割に人手が不足していると勤務時間が長くなる傾向があり、日々残業も発生します。管理薬剤師の場合は普通の薬剤師とは違い、管理業務がありますから、その分責任も重くなり、業務量も多くなります。そのためある程度勤務時間が長くなることは覚悟しなければならないでしょう。

薬局やドラッグストアでは管理薬剤師を置くことが決められています。これは薬事法で定められていることなので、必ず守る必要があります。つまり、それだけ管理薬剤師の存在は重要だということです。

管理薬剤師が短時間しか勤務しないようでは薬局等の運営が成り立ちません。管理薬剤師の勤務時間は週40時間はとらなければならないと決められているのもそのためです。週40時間というと、週5日の勤務として1日あたり8時間働く計算になります。実際には残業も発生しますから、もっと長くなるでしょう。

勤務時間が長いと聞くと、管理薬剤師になるのを躊躇してしまうかもしれません。責任が重くて働く時間も長いのであれば、負担にもなりますからね。でもその分は給与に反映されていて、管理薬剤師の給与は高いのです。収入の多さは働く意欲にも直接つながりますから、給与の高さにひかれて管理薬剤師になった人も多いと思います。

残業をすればその分の給料も発生しますから、残業してもあまり苦にはならないという人もいるでしょう。世の中にはサービス残業が当たり前という職種もたくさんありますから、それら従事している人に比べると恵まれていると言えるかもしれません。

管理薬剤師になりたいけれど、あまりに長時間の勤務は避けたいという場合は、就職する職場の勤務時間をしっかり確かめておきましょう。ドラッグストア等は遅くまでお店が開いていることが多いので、勤務時間も長めになる傾向があります。

とてもやり甲斐のある管理薬剤師の仕事ですが、勤務時間が長くなることが考えられますから、自分のライフスタイルをよく考えたうえで管理薬剤師になるかどうか決めた方が良さそうです。これから管理薬剤師になりたいという場合は、薬剤師の転職サイトを利用すると希望に合った職場を探すことができます。